歯列矯正

なぜ矯正をするのか?

歯列矯正について

生活環境の変化や日本人の骨格の変化から、成長過程で歯が並びきらないケースが増えてきております。もちろん、遺伝的要素も関係しています。
子供の歯、大人の歯には一本一本役割があり、そのバランスをもとに戻してあげるのが矯正治療になります。
機能していない歯に役割を与えてあげること、それに伴って審美的にも回復することができることが、矯正治療をおこなう最大のメリットです。

歯列矯正が必要になる場合、3つの状態が考えられます。

  • 小学生、中学生時期の成長過程で、顎の不調和などにより歯が並ばない場合
  • 成人で、かみ合わせが悪く、今後お口の環境が悪い方向に向かってしまう場合(審美的なものも含む)
  • インプラント、義歯、被せ物など治療過程で矯正が必要になる場合

当院で治療するメリット

当院で治療するメリット

当院では、二人の歯科医師が矯正を行っております。
治療方針を決定する際、意見を交換しながら決定していく為、考え方が偏らずに治療計画を立てることができます。

当院では、二人の先生が矯正を行っています。
治療方針を決定する際、意見を交換しながら決定していくので考え方が偏らないで治療計画を立てることができます。

当院で治療するメリット

矯正の治療は、1〜2ヶ月に一度のペースで行うので、月に一回土曜日を矯正の日として診療にあたっております。
矯正医の一人は、常在しておりますので矯正日に来れない場合、応急処置が必要な場合など迅速な対応が可能です。

矯正の治療は、1〜2ヶ月に一度のペースで行っていくので、月に一回土曜日を矯正の日とし診療にあたってます。
矯正医の一人は、常在しておりますので矯正日に来れない場合、応急処置が必要な場合すぐ適切な対応ができます。

当院で治療するメリット

矯正のできる歯科医師が虫歯の治療を行いますので、矯正中の患者様が虫歯になったとしても、適切な時期に治療することができます。

無料ですので、色々ご相談ください。

当院で治療するメリット

成長を利用する矯正【前】

当院で治療するメリット

成長を利用する矯正【後】

成人矯正【前】

成人矯正【前】

成人矯正【後】

成人矯正【後】

部分矯正【前】

部分矯正【前】

部分矯正【後】

部分矯正【後】

料金について

※価格は税込です

マルチブラケット治療

永久歯全体のかみ合わせを作ります

検査診断料 27,000円
装置料・技術料 594,000円(分割可)
ホワイトワイヤーはプラス43,200円
診察料 5,940円
通院間隔 1~2ヶ月に1度
通院期間 2~3年

定期資料(1年に一回)

定期資料
(1年に一回)

10,800円+調整料

保定期間(動かした歯を落ち着かせる期間です)

保定装置料 54,000円
診察料 3,780円
通院間隔 1~3ヶ月に1度
通院期間 2年
※紛失した場合は再作料27,000円かかります

部分矯正

部分的な歯の移動のみを行います

検査診断料 27,000円
装置料・技術料 162,000円(1/4顎)

追加の装置料(アンカースクリュー)

追加の装置料
(アンカー
 スクリュー)

43,200円

定期資料(1年に一回)

定期資料
(1年に一回)

10,800円+調整料
診察料 5,940円
通院間隔 1~2ヶ月に1度

乳歯列期 
3歳~

反対咬合や呼吸・舌の動きを改善します

使用装置と料金 ムーシールド

使用装置と料金
ムーシールド

32,400円
診察料 3,780円
通院間隔 1~3ヶ月に1度
通院期間 1~2年

成長期の治療 
7歳

骨格のバランスを整え、永久歯の抜歯を行わずに歯が並べることを目的とします。

成長の影響で抜歯が必要になるケースでも、骨格のバランスを整える事で永久歯列期の治療を有利に進める事が出来ます。

検査・診断料 27,000円
装置料・技術料 324,000円(分割可)
診察料 3,780~4,860円
通院間隔 1~3ヶ月に1度
通院期間 成長期が終わるまで(13歳前後)

定期資料(1年に一回)

定期資料
(1年に一回)

10,800円+調整料

※装置の紛失・破壊以外では追加の装置料はかかりません

永久歯列期の治療
14歳~

成長期の治療で治りきらない場合、続きの治療を行います。

装置料・技術料 270,000円
診察料 5,940円
通院間隔 1~2ヶ月に1度
通院期間 2~3年

定期資料(1年に一回)

定期資料
(1年に一回)

10,800円+調整料

保定期間(動かした歯を落ち着かせる期間です)

装置料 54,000円
調節料 3,780円
通院間隔 1~3ヶ月に1度
通院期間 2年
※紛失した場合は再作料27,000円かかります
ページトップへ